トップ / 経営の改善は早期に行う

経営の改善は早期に行う

真の経営の改善とは

そもそも経営改革とは

企業は、常に成長をするために、または、生き延びるために日々企業努力を続けています。ただ、企業活動を続ける中で少しの改善では太刀打ちできなくなった時、覚悟を持って経営改革を行えることが大事です。これは、日常の企業活動を超えた、抜本的な取り組みになるからです。需要が一巡してしまった、顧客のニーズが変化してしまった、競合他社が増えてきて独自性が無くなった、など経営改革が考えられる場面は様々です。このため、現実を直視し、顧客、自社、競合、その他最新状況を踏まえて、会社として新たな戦略を打ち出すことが大事です。

収納

↑PAGE TOP